CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
hamezo家の人々
hamezo とうさん39歳
izumi かあさん41歳
akanyan むすめ5歳
torazo むすこ3歳
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
手がうつろ
うつろなのはふつう目ですが...。

torazoが指しゃぶりをやめると宣言しまして、昨晩、親指に専用のマニキュアを塗りました。口に含むと苦い成分が含まれているものです。akanyanもこれを使ってなんとか卒業しました。

夜に塗ると、寝ている間にうっかり口に含んで「ぎゃー」と泣き出しそうでいやだなあと思ったのですが、案の定そうなりました。なかなか眠れなくてかわいそうでした。

ひとつ面白かったのが、何とか寝ようとするときの彼の動きでした。ふだんですと、眠くなると、左の親指をちゅっちゅっと力強く吸いまして、右手で親の肘をかなり強い感じで触ってきます。それが今宵は右手の様子が変なのです。いつもの強い感じがまったくなく、迷うような、「うつろ」としか言いようのないような動きをするのです。指しゃぶりができないためにバランスがとれないせいだろうかと推察していますが、どうなのでしょう。そういうことってあるんじゃないかと思うんですが。

明日以降も目が離せません。

torazoしばらく機嫌が悪い日々が続くかも。お兄ちゃんになったね、とほめてあげないとね。
| こどもたち | 04:39 | comments(0) | - |
意味がないようで意味がある
先日,意味のない会話というエントリの中で,torazoはまだ,意味や内容のやりとりには関心がないみたい,と書きましたが,何となくしっくりこない...ちゃんとやりとりしてるし,キャッチボールがばっちり成立してる感じが全然ないわけじゃないよね,むしろかなりあるのよねー,と思っていました。

その後,ヴィゴツキーというロシアの心理学者が書いた『思考と言語』という本を入手したので,ひとまずぱっと開いたところを読んでみたら,3歳から7歳くらいまでのことばの特徴についてかなり納得のいく議論が展開されていました。

今torazoが展開しているようなおしゃべりは,大人が心の中で音声化せずにやっている「内言」が音声化されているというイメージで捉えればいいみたい。就学するころには大人のように「内言」として内側に引っ込んでしまい,表に出てこなくなる。torazoくらいの段階だと,まわりの人間は文脈もふくめてすべて理解してくれていると思っている(他人に理解されていないとは思っていない)らしいです。だから他人が理解しているいないにかかわらず会話が続けられるのですね。

たとえば今朝だとこんなふうに。

(台所でお湯を沸かしているわたしを見て話しかけてきたtorazo)
息子:ママー火が出てるよー,あぶないよー
ハハ:そうだねーあぶないねー,気をつけないとやけどしちゃうよねー
息子:そうだよ,ウィッシュになっちゃうよ!*
ハハ:そうだねー,やけどしちゃうよね
息子:マオちゃんもDAIGOウィッシュ!ってtoraちゃんの真似してたよ
ハハ:マオちゃんとふたりでウィッシュしたんだー
息子:うん,マオちゃんねー,女の子だよ。toraちゃんの保育園にも女の子いっぱいいるよ

いちおう,周囲に理解されない可能性がある例として挙げたこの会話ですが,あまり適切な例ではないですね。周囲の人間=家族なら,説明なしで理解できてしまうもの。もし我が家のことをよく知らない他人が聞いたら,下記のような注釈なしではわからないでしょうが。

*ウィッシュとは,タレントのDAIGOが黒い手袋(指先の開いたやつ)をして両手をクロスさせて発するコトバですが,昨年末に火傷したときに包帯を巻いた様がDAIGOの手袋をした手のように思ったらしいtorazoが,両手をクロスして「ウィッシュ!」とやり出し,そのうち包帯のことをウィッシュと呼び出し,さらにやけどのこともウィッシュと言い出した,というエピソードがありまして,そのことを言っております。

他人は自分のことをそれほど理解してくれてるわけじゃないってことにまだあまり気づいていないtorazoと,気づいてしまって苦しんでるakanyan(私がよその赤ちゃんを「かわいい」と言うと激しく嫉妬したりなど)と,それぞれ意味のある段階を踏んでいる真っ最中なのですねえ。

それにしても,神経の発火パターンみたいなものがtorazoの場合まる見えってことになるのかしら? 面白いのでヴィゴツキーさんちゃんと読んで,いろいろ考えてみたいと思います。

そうだ,キャッチボールが成立してるように思えるのは,やはり一緒に暮らしていて心理的接触を密にしているからなのだと思います。火→火傷→ウィッシュという回路は完全に共有しているもの,torazoさんと(笑)

さて,今日は発熱してしまったtorazoと過ごす一日です。おたふくが流行っているので病院に連れて行きましたが,腫れが出てないからなんとも言えないとのことでした。
| こどもたち | 06:13 | comments(0) | - |
もけらもけら子連れ出勤だば!
image.jpg

『もけら もけら』(ぶん・山下洋輔)ってのはこんな絵本。こどもたちのお気に入りです。電車の中できゃあきゃあ喜んで読んでいました。

こどもたちを連れて行くとしごとにはならんのですが,ここのところずっと殺気立ってて,これはまずいなあと思ってたので,子連れでゆるーい雰囲気を演出してみるのも,自分にとってよいリハビリになってよいかと思い,連れて行くことにしました。

torazoはウルトラマンタロウを研究所のどこぞに落として帰ったらしい!あとで同僚から写メが届きました(笑)ありがとさんです〜。
| こどもたち | 09:38 | comments(0) | - |
子供ばんど
うじきさん元気ですか〜?(笑)

image.jpg

部屋の中で野球をやろうとしていたこどもたち(おいおい)。そうこうするうちに野球気分が盛り上がるBGMをかけてくれ,と言うので,ユニコーン再結成記念つながりで奥田民生の「29」に入ってる「ルート2」をかけたら,こどもたち大喜びで,野球はやめてバンドをやろう,ということに相成りました(そこに至るまでには,ハハがタミオで踊り狂う,というシナリオがあるんですがね)。

akanyanはバットをギターにしていたのですが,そのうちバイオリンになさいました。torazoはアンパンマンのおしりをたたきまくるドラム担当。わたしはトイピアノ。

もうタミオはいいからエイミー・マンにしてくれとさらに注文がつき(どういう注文やねん),Freewayと31 todayを演奏して,ようやくバンド練習が終わりましたとさ。

寝る直前にこんな遊びをすると寝付きが悪い(苦笑)
| こどもたち | 20:48 | comments(0) | - |
発表会に間に合うかなあ

image.jpg

保育園のピアノ教室に通っているakanyan。毎週1回,たったの15分のレッスンなので,ほんとは家でも練習しないと弾けるようになんかならないんですが,これまで何にもしてあげてませんで。来週の土曜日が発表会なんですわ。先生に「このままじゃ発表会無理かもねえ」と言われたとakanyanが言ってきたものですから,ようやく親子で頑張る気に。朝晩練習するようになりました。ベールという人の作曲した「5月に」という曲をやります。

こうして写真をみると,イスの高さが間違ってますねえ。座布団もうすこし積むか。いやいや,ピアノ用のイス買うべきですね。はい。

ちなみに,akanyanは課題曲あまり好きじゃないみたいなので,家族中で歌って好きになるという作戦を実行してみました。そしたら3日もしたら好きになったみたいです。こういうところが何ともいえずかわいい。

あ,それともちろん,練習後によくできましたスタンプ押すっていうシステムも導入しましたよ。 達成感は大事,ですね。あたしも誰かにスタンプ押してもらいたい〜!
| こどもたち | 21:14 | comments(0) | - |
遊び過ぎて疲れたからお菓子くれないと歩けないんだって

image.jpg 

公園では元気いっぱいのちいさいおともだちと一緒になって追いかけっこやら鬼ごっこやらで走り回り,さすがにくったくた。母さんも鬼やらされてはりきりすぎてくったくた。明日から仕事だし,と帰りに黒ビール買いました。

写真撮った直後,akanyanが「あーあ,撮られちゃった」と言いました。それがほんとに嫌そうで,笑ってしまいました。
| こどもたち | 15:12 | comments(0) | - |
調子の良いお調子者
 torazoは最近体調がよく,風邪を引く様子もありません。そうなるとお調子者の本領発揮で,変な声を出したり,踊ったり,べらべらしゃべりまくったり,いろんな人に愛想振りまいたりと,日々楽しそうにしています。そうそう,先生によれば,はじめてやったイス取りゲームで優勝したのだそうです。

akanyanも元気です。リーダーとはどうあるべきかについて語り合うこともある今日この頃(笑),akanyanは年中になって「お当番制度」がなくなってしまったことを残念思っているようです。「お当番のときはみんなの前でリーダーになれて,うれしかったのに...。年少のときはあったのに年中になってからないの...」と言うので,病気や怪我のこと以外は書かなくていいことになってしまった連絡帳に,akanyanと相談しながら「お当番を復活させてほしい」と書きました。そうしたら1月からはじまることになっているとのことで,ひとまずakanyanほっとしたようです。

そんなふたりがさいきん好きな遊びは,いろんな有名人やママの知り合いから電話がかかってきて,あり得ないことをしゃべっては,げらげらわらって派手に盛り上がるという遊びです。羞恥心のつるのたけしくんからも電話がかかってきたし,お笑いのクールポコやジョイマン,アメリカからはツアー中のエイミー・マンからも電話がかかってきました(しぶい)。エイミー・マンと一緒にビデオに出ているアメリカのお笑いのモーガン・マーフィーからも!akanyanがファンのやすから電話がかかってきたという設定ではakanyanが本気にしてしまって困りました(笑)そのうち大腸や小腸,肘からも電話がかかってきてしまって,大混線状態でした。わはは。
| こどもたち | 08:15 | comments(2) | - |
鍵っ子の記憶
20080802164722.jpg
鍵を忘れてうちに入れない…さらにこのあと事件が

torazoが水路で転倒,全身びしょ濡れ
akanyanがトイレに行きたがるも,マンションの共用トイレに鍵が...

結局,その日に買ったシャツとズボンをtorazoに着せ,akanyanのアイディアで近くの公園のトイレに駆け込むことに。いそげー。

「トイレ行った後,公園で遊べるからいいじゃん」とakanyan。ナイス。

パパが帰ってくるまで一時間半くらい夕方の公園でぎゃーすか盛り上がって,帰ってきたらバタンキューでした。

子供のころ鍵っ子で,鍵をなくして家に入れず,町をひとりでほっつき歩いていたことなど思い出しました。ああいうときの記憶ってほんとうに鮮明で,不思議です。悲しくて,つらくて,胸がしめつけられる感じだったなあ。鍵,何回なくしたろう。

鍵をなくしたときの話をakanyanに話したら,悲しくなるからやめて,と言われました (笑)
| こどもたち | 16:55 | comments(0) | - |
ポップコーンに救われた夜
昨晩は6時過ぎから7時くらいまで電車が50分間も止まってしまって,保育園のお迎えに打撃を受けた人が多かったんじゃないでしょうか。

私は職場でちょっとしたトラブルがあって,対応メールを書いていたら出るのがちょっと遅れてしまい,渋谷に着いたのは6時半前,運転再開はいつになるか分からない,という状態でした。

hamezoさんに電話したら残業中で身動き取れない。こんなときに限ってケータイも忘れて誰かに連絡とろうにも取れない。仕事で落ち込んでるうえにこんなことになって頭がぐるぐる。こんなときに「再開はいつになるかわからない」なんて言われてしまうと,何時間も待たされるわけ!!なんていらいら。

結局,お迎えに駆け込めたのは7時半過ぎでした。こどもたちはお腹は空いてるわ,寂しかったわで(まあ遅れた人はいっぱいいたはずなんだけどね。それでも私はほとんど最後のほうだった),うわんうわん泣き出したりして大変でした(とくにakanyan)。年長のお姉ちゃんたちに優しくしてもらって少し気を取り直しましたが,とても自宅にこのまま帰れそうにないので,外食して帰ることに。

お子様ラーメンにお子様ランチ,野菜はないけど野菜ジュースゼリーがあるからまあいいか(涙) ようやく食事が終わったのは8時半過ぎでした。もうくたくた。だっこをせがまれたらどうしよう,かーさん,もう無理です...ってわけで,予防策にキティちゃんのポップコーンマシーンで熱々のポップコーンを購入し,おうちで食べよう,がんばって帰ろうね,と言い聞かせ,さらにドラッグストアに寄って,akanyanが気に入っているデンタルリンスを購入,何だかんだで駅まで歩いてたどり着き,タクシーに乗り込みました。あー,思い出すだけでも疲れる。

うちについたら9時を回っていました。こんなに疲れて帰ってくると普通は機嫌が悪いことが多いんですが,ポップコーンを食べるぞーと嬉しそうなこどもたち。おいしそうに食べながら,破裂してないつるつるのコーンを見つけては床にころがしてきゃあきゃあ喜んでる。そのようすを見ていたらちょっと癒されました。

汗びっしょりのこどもたちをそのまま寝かせるわけにもいかず,シャワーを浴びさせたらもう10時!! 寝かしつけはさすがに簡単でした。ころりん,すとん。キティちゃんのポップコーン,ありがとう。

しかしこれから通るたびにせがまれそうだ...
| こどもたち | 09:37 | comments(4) | - |
こっきのえほんでバカ騒ぎ
akanyanが保育園のミニ文庫で、こっきのえほんというのを借りたいと言ってきました。えー読むとこないじゃん、もっとお話のあるのにしたらと言っても聞かない。まあいいかと借りて帰ることにしました。

夕食もお風呂も終わり、やってきた絵本タイム。どーするんでしょと様子をうかがっていると、こっきのえほんを広げ、国名を読み出した!

おーっと、カタカナ読めるの?かーさん知りませんでした。園友の中にはもう字が書ける子もいるので、驚くようなことじゃないんでしょうけど、親も教えてないのに、どうやって覚えたんだ?かーさんはそれが知りたいよ。好奇心のかたまりには、手取り足取り教えなくても勝手に覚えてしまうんでしょうねえ。

それはさておき、最初の国アメリカのつぎはアルゼンチン。

わーお、アルゼンチンと言えば志村けんのアルゼンチン子の歌を思い出さずにおれるでしょうか!

こっきのえほんを畳の上に置き、torazoと三人手をつなぎ、本のまわりをぐるぐる回りながら

アルゼンチンのこども
こども こども
アルゼンチンのこども
あーるぜーんちんこー♪

このあまりにバカバカしい歌がお子さま方に大うけでしてゲラゲラが止まらない。それから国名を次々に入れかえて狂ったように歌い踊り続ける羽目になったのでした。いやもう汗びっしょり、へとへとでした。

意味のない馬鹿げたことってすごく発散できますねえ〜。小さいころドリフを見せてもらえてよかったー。親御様に感謝だわ♪

そういえば、あーるぜーんちんこーは小学生のころ、電車待ちのホームとかでもでっかい声で歌ってたのを思い出しました。一緒にいた母は嫌だったでしょうねえ(笑)
| こどもたち | 18:15 | comments(0) | - |
| 1/3PAGES | >>